2017.6.2


デイカー・モンゴメリー、ナオミ・スコット、そしてディーン・イズラライト監督の来日が決定!!

本作で主人公ジェイソン(レッドレンジャー)を演じるデイカー・モンゴメリーと、キンバリー(ピンクレンジャー)を演じるナオミ・スコット、そしてディーン・イズラライト監督が初来日することが決定いたしました!
デイカー・モンゴメリーはオーストラリア出身の22歳。名優ヒュー・ジャックマンを輩出した名門西オーストラリア・パフォーミングアート・アカデミー(WAAPA)を卒業し、本作がハリウッドデビューとなる若手最注目株。すでにさらなる新作映画への出演も決定しています。
ヒロインのキンバリーを演じるナオミ・スコットはロンドン出身。巨匠スティーブン・スピルバーグによる大人気ドラマ「TERRA NOVA/テラノバ」では主人公の娘マディ役を演じ、『オデッセイ』では日本人のリョウコ役を演じ注目を集めた24歳です。
そして、今作『パワーレンジャー』の監督を務めるディーン・イズラライト。南アフリカでTVシリーズの「パワーレンジャー」を観て育った彼は、オリジナルの魅力を大切にしながらも最新のVFXを活用するなど、見どころ満載の現代的なアプローチで本作を完成させました。
3人は、7月3日(月)に開催されるジャパンプレミアにも登壇!なお、ジャパンプレミアには3人のほかに吹替え声優を務める勝地涼さん、広瀬アリスさん、鈴木達央さん、山里亮太さん、古田新太さんが登壇予定です。

[来日キャストコメント]


■デイカー・モンゴメリー コメント

「日本に行けることに、最高に興奮しています!素晴らしい人々、素晴らしい文化、パワーレンジャーのツアーを締めくくるのにふさわしい場所です。またすぐ会いましょう!」

■ナオミ・スコット コメント

「Hi Japan! 全てのパワーレンジャーファンの皆様にお会いすることにとっても興奮しております。
もうすぐ会えますね:)」